痙攣性便秘の治し方

痙攣性便秘は、簡単に言うと精神的ストレスによって生じる便秘なので、痙攣性便秘を治すためには、ストレスを上手に解消することが大切です。

 

それと、痙攣性便秘の場合は、一般的な便秘とは異なる注意点がありますので、それを知っておかなければ逆に悪化するおそれがあります。

 

そこで、痙攣性便秘の治し方について、日常生活や食生活などで注意すべき点などを様々な視点からご紹介していきます。

 

 

1、ストレスをできるだけ溜めないようにし、上手に発散する

 

痙攣性便秘は、精神的ストレスによって自律神経のバランスが乱れるために生じるので、ストレスはできるだけ溜めないようにすることが大切です。

 

そのためには、自分なりのストレス解消法を見つけるようにすると良いでしょう。

 

自分の好きな趣味があれが一番良いのですが、もし趣味がない場合は、1日のうちでリラックスできる時間をつくるようにしましょう。

 

自分の好きな音楽をきいたり、呼吸法やヨガなどを行うのも良いかもしれませんね。

 

ゆったりとした音楽は自律神経を整えるはたらきがあると言われていますし、呼吸法やヨガなどは副交感神経を優位にしてくれます。

 

 

2、水溶性食物繊維を含む食品を中心にバランスよく食べる

 

水溶性食物繊維を多く含む食品は、腸への刺激が少なくてスムーズに便を排出してくれます。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品には、わかめ、昆布などの海草類、納豆、オクラ、りんごなど果物類などがありますので、これらの食品を積極的に食べるようにしましょう。

 

また、食べるときは良くかんでゆっくりと食べるようにすることも大切です。

 

 

 

3、睡眠時間をしっかりと確保する

 

睡眠時間が少ないとストレスの影響を受けやすくなり、腸内環境も悪くなりますので、質の良い睡眠をしっかりと確保することが大切です。

 

寝る前はテレビやパソコンなどは見ないようにして、リラックスできる音楽を聴いたりして副交感神経が優位になるようにすると質の良い睡眠をとることができます。

 

 

4、有酸素運動を適度に行う

 

痙攣性便を治すためには、有酸素運動を適度に行うことも大切です。

 

といっても、激しい運動をする必要はありません。

 

一番簡単でおすすめなのがウォーキングです。

 

ウォーキングは自分のペースで誰でも気軽にできますし、美しい景色を見ながら歩いているとストレスの解消にもなります。

 

 

5、お腹を冷やさないようにする

 

お腹を冷やすと腸の働きが悪くなり、便秘や下痢になってしまいますので、お腹をできるだけ冷やさないようにすることが大切です。

 

そのためには、常時はらまきを着用すると良いでしょう。

 

 

便秘解消サプリ~おすすめはこれ!