TOP >> 痙攣性便秘の原因

痙攣性便秘の原因

痙攣性便秘は、機能性便秘の一種で、人間関係の悩みや生活環境の変化などによる精神的なストレスによって生じる便秘をいいます。

 

ですから痙攣性便秘の主な原因精神的ストレスであるといえます。

 

 

人間関係の悩みや生活環境の変化、不規則な生活などによって、私たちは知らず知らずのうちに精神的ストレスを溜めてしまいます。そうすると交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまい、いわゆる自律神経が乱れた状態になります。

 

自律神経は、体内の代謝や消化に関連する働きの多くをコントロールしていますので、自律神経が乱れてしまいますと、腸のぜん動運動が過度に活発になり、まるで痙攣したような状態となってしまいます。

 

痙攣状態になると、便は外側まで押し出される前にまた内側に戻ってくるということを繰り返してしまうため、便は正常に排出されなくなり、便秘となるわけです。

 

ですから、痙攣性便秘を治すためには、精神的ストレスを解消することが大切なのです。

 

痙攣性便秘の治し方