TOP >> 痙攣性便秘の薬(漢方薬)

痙攣性便秘の薬(漢方薬)について

痙攣性便秘の人の場合、便秘と下痢を繰り返すという症状なので、どのような薬を飲めばよいのか悩んでいる方も少なくないと思います。

 

一般的な薬の場合、下痢と便秘の薬は別々になっていますので、痙攣性便秘に適した薬を探すのは難しいのですが、漢方薬であれば、「桂枝加芍薬湯」という薬があります。

 


 

桂枝加芍薬湯は、便秘になったり、下痢になったりする方、腹部膨満感がある方、ストレスを感じやすい方に向いているといわれていますので、痙攣性便秘に適していると思われます。

 

とはいっても、漢方薬というのは個人の体質によって合う合わないがありますので、飲んで見なければ自分に効果があるかどうかわわかりません。

 

それに便秘を治すためには、薬はできるだけ飲まないほうが良いという意見が多いので、まずは、乳酸菌サプリメントやオリゴ糖を摂取して腸内環境を良くすることが大切です。

 

また、乳酸菌が入っている整腸剤などもありますので、こういったものを利用するのも良いかもしれませんね。

 

※4種類の生菌で腸内バランスを整える医薬品⇒ファスコン整腸錠プラス