TOP >> 痙攣性便秘は男性に多い その理由は?

痙攣性便秘は男性に多い その理由は?

便秘というと一般的には女性の割合が多いようですが、痙攣性便秘については意外と男性に多いようです。

 

痙攣性便秘とは、簡単に言うとストレス性の便秘で、主に精神的ストレスが原因で便秘になってしまうというものです。

 

 

典型的な症状としては、次のようなものがあります。

 

・下痢と便秘を繰り返す

・ウサギの糞のようなコロコロした便が出る。

・下腹部に痛みを伴う

 

痙攣性便秘は、精神的ストレスが原因ということなので、真面目な人がなりやすいといわれています。

 

また、食生活の乱れや不規則な生活を行っていると自律神経のバランスが乱れて、ストレスが溜まりやすくなり、痙攣性便秘になってしまうのです。

 

ですから、痙攣性便秘が男性に多い理由というのは、真面目な男性が仕事や人間関係のストレスが多く溜まり、ストレスを上手に発散できないということが考えられます。

 

女性の場合は仕事以外に趣味などでストレスを上手に発散することができる人が多いのですが、男性、特に真面目な男性で趣味がないという人は、ストレスを上手に発散できないので、ストレスがどんどん溜まってしまい、悪循環となってしまうのです。

 

その上、男性の場合は、食事のバランスや生活習慣も乱れがちなので、それだけストレスが溜まりやすい人が多い思われます。

 

ですから、痙攣性便秘を治すためには、あまり真面目になりすぎないようにして、ストレスを上手に発散する方法を自分なりに見つけることが大切です。

 

そして、食生活や生活習慣にも気をつけるようにしましょう。